Search


Category Archives

2011年01月13日

女性の薄毛が増えています。

女性の薄毛が増えているようです。

女性の薄毛は遺伝とかよりも、ストレスなどの生活環境が原因の場合が多いようですけど、男性の薄毛と共通点もあり、その対策方法や治療法に男性の薄毛を解決する為の何かが隠されているんじゃないかと思って、色々調べてみました。

女性の薄毛の大きな特徴は、対策や治療を行えばほとんどの場合が回復するという事です。

男性のAGAは進行を遅延させることは出来るけど、完治ということはないようなので、そこは大きな違いですね。

男性の治療の場合は生えるか、薄毛の進行が止まるかは半々くらいの割合ですが、治療薬の服用を止めると再び薄毛は進行します。

女性の場合は、心因的な原因や、それに伴うホルモンバランスの変化などが原因なので、ストレスのない、規則正しい生活を送って、心因的な要因を取り除くことで回復する場合が多いと言われています。

ただし、男性よりも原因の数が多いので、正しい治療を行うには、病院に行って原因を突き止め、自分に合った治療方法を行う必要があります。

髪は女性の命と言いますし、男性の薄毛人口よりも圧倒的に少ないので、薄毛の女性は男性よりも悩みが大きいようです。

男女に共通して言えることですが、悩むことはストレスにつながり、余計薄毛を加速させることになりますので、少しでも悩んだら病院に行ってカウンセリングだけでも受けることをオススメします。

ほとんどがストレスや老化などが原因の薄毛ですが、中には男性のAGAのようなホルモンが原因の薄毛が存在します。

FAGAと呼ばれます。

女子男性型脱毛症。

男性のAGAと同じく、女性にもわずかながら存在する男性ホルモンの影響で薄毛になる症状のことです。

男性同様、前頭部や頭頂部から薄くなる症状が見られますが、女性ホルモンの影響が強いので、男性ほど薄くなることはないようです。

FAGAの原因ももとはといえば老化です。

加齢に伴い、女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンの働きが活発になり引き起こされるのです。

男性のAGAの場合、男性ホルモンの働きを阻害するフィナステリドを服用しますが、女性の場合はフィナステリドなどの抗アンドロゲン剤の服用が禁止されているので、使用することが出来ません。

他の薄毛同様、髪に必要な栄養素を摂取することで回復するしかありません。

病院での治療ならビタミン剤の摂取や、ミノキシジルなどの発毛の為の治療薬を使用することも出来るのでその方が効率的かもしれません。

まずは自分で出来る規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事などを心がけ、それでも気になるようであれば、病院で治療を受けるようにしましょう。

男性でも、女性でも薄毛治療に大事なとことは、早めの対策ということらしいです。